お金の流れを管理する

硬貨

企業の経営は資金がショートしてしまったら運営することができません。いくら収支が良くても、キャッシュフローの状況が悪ければ支払いができなくなってしまい、企業の信頼をなくしてしまうことになります。企業の信頼がなくなれば、取引を続けることができません。取引ができなければ、最後には倒産を迎えてしまうことになるのです。

手持ちの現金が足りなくなってしまったときには、お金を借りる必要があります。将来収入が入ってくる目途が立っているのであれば、お金を借りることでこのピンチを乗り切ることができると考えられます。

企業がお金を借りる方法はいくつかあります。最も利用されているのが銀行です。会社に実績があり、担保となる資産を保有しているのであれば、銀行でお金を借りる際の審査が通りやすくなると考えられます。常に銀行と良好な関係を築いているのであれば、資金が足りなくなってしまったときの大きな助けとなることでしょう。

零細企業においてお金が足りなくなってしまったときには、銀行でお金を借りることができない場合も考えられます。なぜなら、実績の少ない企業相手には、銀行は融資をしない傾向にあるからです。そのようなときには、金融公庫などの公的機関や、政府が中小企業向けに融資をするセーフティーネットなどの政策を利用すると良いでしょう。中小企業の経営者の多くは、担保となる資産を持っていません。また、保証人を用意できない人が多いと考えられます。公的機関は、弱い立場にいる経営者を助ける制度を行なっているので、このような制度を細かくチェックすることは大切です。

Copyright© 2017 カードローンを効率的に使おう|お金サイクルが順調に回る All Rights Reserved.